【代表インタビュー】創業にかける苦悩と想い。これからの挑戦〜後編〜

こんにちは。担当中村です。

前回に引き続きインタビュー後編になります。

フィエルテホールディングスの今後や、メンバーに求める事など非常に濃い内容になっています。

ぜひ最後までお読みください!

前半はこちら

【代表インタビュー】創業にかける苦悩と想い。これからの挑戦〜前半〜

2018.03.01

さらなる高みへの挑戦

現在の急成長がある理由とは?

急成長と言っていただけることは嬉しいのですが、ベンチャー企業は成長を続けなければ存続はありません。

我々の組織の中には成長して当たり前だという感覚が強くあります。

大半のスタッフが自己成長意欲が強く会社の目標・ビジョンを理解してくれて同じ方向のベクトルを合わせられている結果だと言えます。

1年目の600%、2年目の200%成長率は素晴らしいと思います。

そうですね。

しかし、世の中はあり得ないスピードで成長されている企業がたくさんあります。

これも一過性のものでは意味がないので、決して満足することなく、さらなる高みを目指して行きます。

当社では、成功は約束されていませんが、成長は約束できます。

着実に成長し、成功を掴み取りに行きます。

来年度に関しては、従業員数180名を目指し規模も大きくなります。

さらに自社プロダクトも作り、仕掛けて行きたいと考えています。

大切なのは向上心と素直さ

今後求める人材を教えてください。

やはり、ベンチャー企業なので野心があり、チャレンジ精神をがっつり持っていて欲しいですね。

しかし、素直さは一番大切です。

ただの言いなりではダメですが、スポンジのように何でも素直に受け入れる人間じゃないと成長も成功も難しいと思います。

他律要因の思考ではなく、自律要因の思考も持っていて欲しいです。

能力は高くても、性格や考え方が屈折していると伸びていかないので、だめですね。

そういう人こそ、自己評価が高く挫折に弱い。

結局、評価は他人がします。
 
あと、学歴はあまり気にしないですね。

田中角栄の言葉で、

「必要なのは学歴ではなく学問。学歴は過去の栄光であり、学問は現在に生きるものである」

というものがあります。

その通りだと思いました。

高学歴でなくとも、大きな志を持ち、いつでも学ぼうとする気持ちが大切だと思います。

現在、会社にいる方達にはどうなってほしいですか?

そうですね。

とにかく、みんなには会社を引っ張ってもらえるよう強いリーダーシップを各々が持って欲しいと思います。

リファラルで拡大してきたこともあって、とにかく仲がいいんです。

組織に必要な協調性は高いのですが、いまいち競争力の欠ける部分がありますね。

両輪が回って、初めて組織が活性化すると思います。

仲が良すぎて上司が部下にナメられるなんてことが起きたら最悪です。

そんな組織は終わりますね。

会社にもっと俺だ!!みたいな人が出てきて欲しいです。

結果がないとかっこ悪いですけど。

今後、管理職の人間やリーダーが増えていくと思うのですが、

仕事の結果、実績はもちろんですが、

(それがないと周りが理解や納得をしないので)

やはり、人柄、人格、が優れた人でないといけません。

部下とのなる人、入社してくる人を年齢関係なく、尊敬できる人の下で働かせてあげないとその人たちの才能だめにしてしまうからです。

そういう人が多ければ組織も簡単には崩れないと思います。

弊社の平均年齢は24歳と、とても若いです。

「若いからしょうがないね」と言われがちですが、若くとも出来る人は出来ます。

逆に若いからこそ、礼儀や思いやり

当たり前のことをバカにせず、しっかりやるだけで差別化になります。そこに気付かなければ一生そのままです。

弊社では、優れた人格、人柄を形成し、強いリーダーシップも持った人間になって欲しいです。

もちろん、自分自身も常に成長をしなければなりません。

そして ”ビジョナリー” でないといけないと思っています。

今後の会社の方向を示す人間は自分しかいないですから。

「チャレンジング」な会社にしたい

今後どんな会社にしていきたいですか?

「やりたい事をやる」

しかし、やりたい事をやるためには目の前のやらなければいけない事をやらないといけません。

とにかく「チャレンジング」な会社にしたいと考えています。

様々な事にチャレンジできる環境とどこでも通用する人財を育てていくのが私のミッションだと考えています。

当社の社内ベンチャー制度を使って、様々な事業にチャレンジして欲しいと強い気持ちがあります。

大きな失敗をしたって構いません。

全ては成功のために、大胆に思考・行動する習慣をつける。

会社自体もまだ若いので、若いうちから様々な経験を通し、「社会貢献」や「スキルアップ」につなげていこうと考えています。

設立して3年目のまだ若い会社になります。

何もわからない状況の中、とにかく試行錯誤を繰り返してきました。

今現在、営業アウトソーシングを軸に事業数を増やしていますが多角化というよりかは、総合化という形にしたいですね。

イメージでいうと、総合商社のように事業を展開し全てリンク出来たら面白いなと。

そうして様々なポジションを創出して行きたいと考えています。

実際、うまくいっているように聞こえるかもしれませんが、自分たちの目標に関してはまだまだ遠い状況です。

今後、上場を念頭にメガベンチャー企業を目指しています。

最後に理念・ビジョンを聞かせてください。

弊社の企業理念であり、ビジョンが

「創造と挑戦〜21世紀の世界をリードする〜」

今の会社には大きすぎるとは思いますが、小さくまとまる必要はないと考えています。

どんな大きな会社も最初は小さなスタートです。

創造と挑戦 変化を恐れず、あらゆる可能性を見出し、挑戦していきたい。

さらには、今後5年間で起業家を最低でも10人は育成していきたいとも考えています。

トライアンドエラーを高速で繰り返し大きなビジョンに向かっていきます。

ありがとうございました。

以上で代表インタビューが終了いたします。

普段聞くことができないお話をお伺いすることができました。

今後もどんどんインタビューをしていきます。

ぜひ、お楽しみに!

一緒に働きたいメンバーを募集しています!