【貿易】貿易事業部に訪問しました!

こんにちは。
担当の佐山です。

6月に入りすがすがしい初夏の季節となりました。

今回は、みなさんが気になる貿易事業部の紹介を行いたいと思います。
普段どんな活動を行っているのか知らない人も多いかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

貿易事業部


貿易事業部では、あきる野市にある作業場で車のパーツの解体が行われています。

中には事務所と解体場所があり、納品するパーツや車体などを中に置いている状態です。

この日伺ったタイミングはちょうど納品前のタイミングでパーツがたくさん置いてあるような状況でした!

解体作業

納品のタイミングや時期にも寄りますが1日約5台分の解体を行なっているそうです。

エンジンや大型の部品を抜いて行く作業を経て内部の解体を行なっていきます。

作業風景

それらを作業場で解体し各パーツに分けて行きます。

解体を行う為には会社として廃棄物許可の資格や個人でガス溶接の資格などが必要になります。

パーツの中ではエンジンが比較的高価で取引されているそうです..!

売れる部分を抜いた車体に関してはスクラップにする事で鉄として外部に買い取ってもらいます。

それらの作業を経て月1程のペースでコンテナに詰めスリランカやモンゴルなど取引先に販売するような流れとなります。

解体に留まらず中にはベンツのような車をバラさずにそのまま買い取るような例もあるそうです。

貿易の責任者であるナイミさんもツナギを着て作業をされていますね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

このような作業が貿易の現場では毎日行われています!
基本的には1日5台ほどのペースで解体を行いまとめてコンテナでの出荷を行なっています。

弊社では国内に留まらず広い範囲での業務を行っています。
今後も皆さんにこういった情報をお届けしていければと思います。

お楽しみに。

一緒に働きたいメンバーを募集しています!