【代表取締役インタビュー】創業7期目を迎えて

PROFILE
■今井 友佑
神奈川県出身
大学卒業後、2015年にフィエルテホールディングスを友人5名と設立
2021年度、代表取締役に就任

 

必死に走り続けた6年間

ーー設立当初はどのような気持ちで仕事に取り組まれていましたか?

設立当初は会社を倒産させない様に、スタートメンバー5名で売上を作ることにとにかく必死でした。
思い返すと、毎月、今月生き延びられるかどうかの連続でしたね。
個人のスキルがどうこうではなく、とにかく気合いと根性で仕事に取り組んでました。(笑)
 
 
ーーその状態が変わったのはいつ頃でしたか?

ようやく軌道に乗り始めたのは半年後くらいでした。
新たにジョインしてくれるメンバーも増え始め体制や売上に勢いがついてきたという実感がありました。
 
 
ーー設立から今までで大変だったことを教えてください。

たくさんありますね。(笑)
設立当初が事務所すら借りれない状況でマンションの1室からのスタートでしたし就業時間などの規則を守る余裕もなく朝から晩まで現場に出ていました。
当初はお金もほとんどなく、炎天下の中でも自由に飲み物を買う余裕もなかったくらいでしたね。
公園にある水道には助けられました。タダですからね。(笑)

軌道に乗り出したら安心だと思っていたのですが、当然そんなことはなく次から次へと考えたこともなかった課題に直面しました。
がむしゃらにやっていた分、大したノウハウがないにも関わらずジョインしてくれたメンバーにレクチャーしなきゃいけなかったのは設立メンバーが苦労した部分ですね。(笑)

振り返ると大学卒業後、就活や就職をせずに起業したため社会人経験が全くなく、多くの失敗をしたなと感じます。
しかし、その中で仲間が増え、会社が大きくなってきたからこそ、出会えた人や学べる成長機会も沢山もらえました。
特に上場企業の経営者の方であったり、会社が大きくなってなければ会えなかったであろう方々に会えたり直接話しを伺えたりする機会は自己成長という意味でも貴重な経験でした。

怒涛の2020年

 

ーー昨年度、予定とは大幅に事業展開計画が変わったことに対してどう感じられましたか?

新型コロナウイルスの影響により、これまで当たり前だったことが当たり前ではなくなることが多く困惑もしましたが、これは新たな挑戦だと感じました。
そこで、まずは2020年~2025年の5ヶ年で立てていた経営計画を、この状況に合わせて変更をしました。
それに伴い、これまでの計画から更にステークホルダーの皆様にとって価値を生み出していく内容に出来たと感じています。
結果的には良かったと言えるような2021年にしていきたいですね。

また今回の変更で、各部長をはじめ社員の皆にはかなり大変なお願いをしてしまいましたが
皆が「会社を大きく変えるチャンスだ」と迅速に行動してくれたり、時には意見をくれたりと助かっています。

新たなスタートをきる1年

 
ーー改めて、この度は社長就任おめでとうございます。
椚が退任し、社長になると決まった時はどのような気持ちでしたか?

退任の話があがったのは2年前の2019年でした。
その頃から、2021年度に向けて動いていたので今回改めて気持ちに大きな変化はないですね。
当時、話を聞いた時は驚きや悲しさよりも体制変更のためにどう動いていこうかという話を重ねることに必死でした。

これまでの6年間は土台を作るフェーズだったと考えているので、これからはその土台に更なる付加価値を生み出してスケールしていくフェーズにしていかなければならいという気持ちが強いです。
その意味では新規一転、代表者という新たな立場で取り組むことにとてもわくわくしています。
 
 
ーー2021年に、7期目を迎えてどう感じられていますか?

「もう7期目か」というくらい、あっという間だなと感じています。
設立から今まで、思い描いてた形にするために必死だったので、時間が過ぎ去るのがとてもはやく、いくらあっても時間が足りないなと痛感しています。(笑)

ベンチャー企業の創業からの生存率は5年後に15%、10年後には6.3%と言われています。
今この5年~10年の間にいて、確率論だけでいうと皆さんの日々の努力のおかげで昨今の厳しい市場の中で成果を残せている状態です。
ただ、この状況に満足することなく全てのステークホルダーの皆さんに必要とされる
“なくてはならない企業”というビジョンを現実のものとするために新たな一歩を踏み出さなければいけないと感じています。
 
 
ーー今後どのような会社にしていきたいと考えられていますか?

まずはより多くの社員が自信を持ってやりたいことを出来る環境やライフステージに合わせた働き方が出来るように整えていきたいですね。
設立当初からの変わらない想いでいうと、これまで以上に挑戦できる環境や幅広い選択肢を選ぶことができる環境を提供できる会社にしていきたいと考えています。
そして、ミッションである“超人材輩出企業”と言われる企業にしたいです。
このような会社に出来るよう、常に足をとめず挑戦し続ける環境にしていくのは勿論、代表として自分自身も足を止めず皆さんと一緒に挑戦し続けていきます!

\ 私たちと一緒に働きませんか? /

採用ページはこちら

join us

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。