【プロフェッショナル意識を持つ】スキルをつけて自分の力を試したい。

プロフィール
第二営業部 部長 S.Aさん
入社:2016/2
出身:東京都 武蔵村山市
趣味:ダーツ、読書、ゲーム

 

スキルをつけて、自分の力を試したかった

入社前は個人事業を展開していました。
もともとフルコミッション制のビジネスの考え方が好きでしたし、
やったらやった分評価をしてもらえる仕事なのもあって、自分でも結果を見て自信を持っていました。

年功序列も嫌ですし、組織に属するより自分ひとりでやっていこうって思っていたんです。
でもこの会社のメンバーだったら、みんなのためにも会社を大きくしてみたい、面白そうと思い入社しました。

入社当時も個人営業でスタートしたので、やっぱりできるじゃんって思ってました。笑
会社はやはり組織なので、結果を出し始めてからは組織の最大化をするような立場も任せてもらえるようになりました。

初めての挫折、もがいた日々


人をまとめる立場になって、結果がなかなか出せなくてもがきました。
今まで感覚でやってきたことの言語化、伝え方、いろんな本も読んで実践もしましたが結果は出ない。
自分のことしか考えてなかったので、人への関心も薄かったですね。

そんな時に周りのメンバーに気づかされたのが「自分が変わらないと人は変わってくれない」ということ。
みんながいてくれるからマネージャーの立場があるのに、ついてきてくれなかったら存在価値がないなと。

そこに気づいてからは相手のことを柔軟に考えることができるようになって、人としてのキャパも増えたような気がしています。
継続していくことでチームの成績も上がり、昇進するメンバーも出てきたことで新しいステップでの自信につながりました。

今でも、当時自分のやり方を頼りにしてくれて、成長を見せてくれたメンバーには本当感謝しています。
自分のことしか考えられていなかった僕が、マネージャーやって成長を感じることができた経験です。

組織に対する影響を、ありがたいことに上からも下からも評価していただくことができ、超人材輩出企業として事業部を任せてもらえるまでになりました。

プレッシャー8割、ワクワク2割


新しい事業の立ち上げは、前例のないことなので責任が重くのしかかってきました。
挑戦が好きな人もいると思うのですが、やはりビジネスですと”責任”の重みが格段に違います。

「営業方法が変わると、あなたでさえできない」と思われたくない、みんなの期待に応えたいという思いも、
今まで個人営業でやってきた自分のやり方が世の中に通用するのかということも、全てがプレッシャーになっていました。

やらなければならないですし、今までやってきたことの答え合せを自分でやる。
それは一年経った今でも思い続けていることです。

最初は代理店事業からスタート
法人営業といっても、決裁権者が近いビジネスモデルの店舗や個人事業主を対象に、助成金をサポートする事業から初めました。

そこからどんどん、ホテルや病院などの大きい企業と商談できるようになり、
決裁権者が、最初に会う人ではないことに個人営業との違いを感じました。
これがやっと一般的に想像する法人営業だと思います。

新しいことを始めるにあたって、周りのビジネスをよく見たり考えたりする機会が増えました。
これ面白そうだなとか、仕組みがどうなっているんだろうとか、
そんな時にチームのメンバーが見つけてくれたのが【オフィス賃料の値下げコンサルティング】でした。
まさか自分が不動産関連業を行うとは思っても見なかったのと、一件の成約単価も高かったのですぐこれがやりたいとワクワクしました。

運よく、経験者が近くにいたこともあって指導してもらいながら今はお客様に会いに行き、現場仕事をさせてもらっています。
ようやく3ヶ月経って大きな企業からも営業マンとして認めてもらえるようになり、契約につながっているなと実感しています。

大きな企業の担当者とお話ししていてわかったことは、個人営業と本質は変わらず「商材を売るのではなく、自分を売る。」ということです。
まだフィエルテホールディングスは7年目の企業ですし、このサービスもまだスタートから3カ月しか経っていません。

自分もそうですが、顧客満足度とは何を買うかより、誰から買うか何だと再認識しています。

今後、どんな人たちと働いていきたいか


小手先のスキルではなく、人間力がある人たちでチームや部署を作っていきたいと思っています。

スキルはなくて大丈夫です。
人柄はもちろん、「考え方」が備わっている人が人間力のあるなと感じます。
有名な言葉で、稲盛さんの”考え方で人生は変わる”という本があります。

人生・仕事の結果=考え方×熱量×能力

考え方だけでプラスにもマイナスにもなります。
どんな状況でも、プラスの考え方ができる前を見ることができる組織にしていきたいです。

まずは人。そこができれば、自ずと結果はついてくると思っています。

\ 私たちと一緒に働きませんか? /

採用ページはこちら

join us